起業資金を調達するためのポイント

無理のない起業資金のポイント

>

業態によってメリットは異なる

起業内容に合わせて

ご自身の自己資金を活用する方法での最大のメリットは、起業内容を選ばないというところ。例えば金融機関やノンバンク等での融資でも、起業に際しての融資には、その起業内容に対する審査が生じます。事業計画書などの提示も必要となるケースもありますが、自己資金を活用する方法ならこうした手間はそもそも必要ありません。ただし、全ての自己資金を投入せずある程度融資を必要とするならば、こうした手続きは必要。
ノンバンクや金融機関以外に親や兄弟、親族等からの借入でも、こうした手続きは本来的には必要ありません。また金融機関やノンバンクと違い、金利などもありません。
ただし、近親者からの借入に関しては、以後のトラブルを避けるためにも金銭の借入に対する契約書類を作成するなどの措置を検討しておく方が良いでしょう。

返済の必要がない場合も

補助金や助成金に関しては返済の必要がありません。例えば自治体からの補助金や助成金とは、その業態に対して支援するという名目で金銭が支払われています。これは国や自治体が事業を行う相手に対して行う支援ですから、返済の必要がないのです。
また、出資金に関しても同じことがいえます。出資と融資とは異なります。出資は、それに対して投資しているということですから、一定の時期がきたら返済しなければならないなどの決まりはありません。とはいえ、人は何の見返りもない相手に対して出資するなどの可能性は少ない生き物でもあります。クラウドファンディングアプリなどでは、出資者に対して何らかの見返りを設定するという場合もありますから、事前確認は必要といえましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る