起業資金を調達するためのポイント

無理のない起業資金のポイント

>

誰でも始められる環境

個人間で調達する

もっとも弊害がない方法として、自己資金を起業資金とするという方法があります。今まで起業に向けて貯めておいた貯金のことです。一般的に個人で起業するとなると、500万円程が必要になるといわれています。起業に際しての設備調達資金、そして起業後の運転資金を合算すると500万円程度あると無理なく起業を進められるということ。
これだけの金額を貯金できるというなら良いのですが、そこまで至らない場合も多いことでしょう。そうした方には銀行や信用金庫などから、また日本政策金融や信用保証、ノンバンクなどからの融資を受けることでも起業資金を準備することができます。
融資の他、個人間の借入という方法でも起業資金を調達するケースもあります。友人や親族、親兄弟と賃貸契約を結び、資金の借入を受けるというものです。

補助や助成を受ける

起業資金の調達には、補助金や助成金を活用するという方法もあります。例えば小規模事業者の場合には、年に数回ですが自己の新たな企業努力に対する取り組みに対する補助金募集の制度が設けられています。期間内に間に合うなら、これに応募することで補助金を受けることができます。その他にも、各自治体ではそれぞれ起業する方に向けて補助金や助成金を設定しているケースがあります。各自治体の商工会議所で補助金や助成金の内容を明示していますから、確認しておくと良いでしょう。
この他、出資を活用するというものもあります。個人投資家からの出資を募る、またクラウドファンディングを活用するなど、ご自身の起業内容を明確にし、それに賛同する方からの出資を受けて起業資金を調達することができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る