起業資金を調達するためのポイント

無理のない起業資金のポイント

起業する際の資金調達

起業を夢見たときに心配事として気になるのは、どれだけのお金が必要になるかというところではないでしょうか。起業内容が一般的で、簡単なようにみえるものであっても、そこにかかる必要資金は意外と高額になりがちです。
例えば起業の際の施設や設備にかかる費用。建物を建てるのか、もともとの建造物を改装するのか、さらには居抜き物件をそのまま活用するのかによっても異なるもの。居抜き物件だからといって安く見積もっていると、照明設備の修理、冷房設備の設置など、さらに上乗せになるという場合も起こりうるのです。
またこれ以外にも、例えば販売を行うなら、近年進化が続く電子決済を取り入れるのか、機械精算可能な機器を導入するのか等でも設備にかかる費用はかさみます。
起業の際の主要な必要経費は、この施設設備にかかる費用に投入される場合が多いのですが、これだけではありません。
事業を始めてすぐに収入がない場合もあります。その間は起業の際に調達した資金で事業を続ける必要があります。一般的にはこうした資金を運転資金と呼びますが、こうした運転資金がどのぐらい必要なのか、それも考慮しておくべきです。事業を続けるための光熱費、人件費を、収入が得られるまでを支払うための資金としてどのくらい必要なのか。
こうした起業に関係する様々な資金については、ご自身の資産を投入する方法、金融機関やノンバンクからの融資、投資家による出資、補助金や助成金の活用など、様々に存在します。
そこでその方法をメリットやデメリットといったポイントからご紹介します。ポイントを把握することは賢い利用方法にもつながるものです。

TOPへ戻る